【応援するのはそれでもソダシ】~理由は「白いから」~

さて、「ソダシ」

今週開催される2022年フェブラリーSは思春期を終え、大人になったソダシちゃんのGI再チャレンジです。

正直、ほとんど見る人がいないこのブログですが、「ソダシ」が出走する前週の木曜日ぐらいからアクセスが増え始めます。

伸びはじめたGoogleアナリティクスのグラフを見つつ、おっ、今週は「ソダシ」かと思ってブログを書き始めたものの、今回ばかりは期待よりも不安が優ってしまっています。

なんだか走る気が無くなってしまったように感じるここ最近の「ソダシ」ですが、折れた歯もそろそろ痛くなくなってきたはずなので、今度こそがんばらないと白さだけでは人気が保てないぞっと喝を入れたい気持ちです。

昨年のフェブラリーSのときの記事↓では、「ソダシ」にフェブラリーSに出てほしいと書いたので希望が叶った形ではあるのですが、今の「ソダシ」に果たして勝機はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

ソダシのダート適性は?

フェブラリーSはダートの1600mのレース。馬体が比較的大きく距離不安のある「ソダシ」にはピッタリのレースです。

マイルダート戦なので、ダート短距離で生き残ることができるかが試されるレースになります。

ネット界隈の情報を手動スクレイピングしていると、元々ダートに向かないとか、ただの力負けという見解が多く、つまり、純粋にそのぐらいの力の馬だという見方がほとんどです。

確かにそうかも知れないと思いますが、それでも期待してしまうのは、やはり血統ですね。

ソダシの母「ブチコ」はそもそもダート馬です。勝利したレースはすべてダートでした。

ソダシの父「クロフネ」は芝・ダート共に活躍した名馬です。ジャパンカップダートGI(ダ2100m)での勝利が光ります。同年の最優秀ダートホースに選ばれています。ただし、ダートで活躍した産駒はほとんどいません。

あとは走り方ですが、ピッチ走法かスライド走法かというとどちらかと言うとスライド走法だと思います。ダート向きと言われるのはピッチ走法の方なのでこれはマイナス要因だと思います。

しかし、加速力が無いわけではなくスタートから力強く前に出ることができるので、ダート戦でも通用するパワーを持っていると感じます。

総合すると、母系統はダート血統なのは間違いなく、父自身がダートに強かったことも疑いようがないということを踏まえると、父産駒のダート実績が少ないことや走法のマイナス要因を差し引いても、ダートは向いているのではないかという気がします。

参考記事

【われかく戦う】ソダシ須貝師「ダート合っている」
 ダート王を決めるチャンピオンズCが12月5日、中京競馬場で行われる。今年の桜花賞を制した白毛のソダシ(牝3歳)が、ダートに初挑戦する。管理する須貝尚介調教師(55)=栗東=に、芝&砂の“二刀流”挑戦を決断した思いなどを聞いた。
スポンサーリンク

ソダシは早熟馬なのか?

走る気を無くしてしまったようなソダシですが、もしかして早熟の傾向が強いのかもしれないと思って血統を調べてみました。

白毛は早熟である可能性が高いようです。また、父「クロフネ」も比較的早熟傾向がある馬でした。産駒も早熟傾向がありそうです。

また、2歳GⅠの阪神JFを勝利している馬は早熟馬が多いです。2歳馬はまだまだレースを知らない無垢な馬が多く、そんな中で早熟な馬が出走してくるレースであるため、やはり成長の早い馬が勝つ傾向が強いようです。

これらを考えると「ソダシ」の早熟傾向は間違いないでしょう。

今回の予想は?

さて、「ソダシ」はダートに向いているのか?とか、早熟なのではないか?とか、「ソダシ」だけの考察はさておき、我が家の面々で2022年フェブラリーSの予想をしました。

今回は「レッドルゼル」「ソリストサンダー」、「カフェファラオ」などダート巧者揃いの名勝負が期待されます。

そして、パドックを見終わったところで各自予想を発表しました。

父:「ソダシ」。理由は「白いから」

母:「ソダシ」。理由は「ソダシしか知らん」

娘:「ソダシ」。理由は「ソダシしか勝たん」

結局、我が家は「ソダシ」でした。

そして、2022年フェブラリーSの結果は?



馬名性齢斤量騎手タイム着差後3F馬体重
(増減)
136カフェファラオ牡557.0福永1:33.834.3526(+6)
2815テイエムサウスダン牡557.0岩田康1:34.22.1/235.0546(-8)
3611ソダシ牝455.0吉田隼1:34.31/234.9476(+6)
4713ソリストサンダー牡757.0戸崎圭1:34.3クビ34.6486(0)
547タイムフライヤー牡757.0横山武1:34.51.1/434.6482(+2)
635レッドルゼル牡657.0川田1:34.61/234.9494(+6)
724アルクトス牡757.0田辺1:34.73/435.1548(+4)
848サンライズノヴァ牡857.0松若1:34.81/234.5536(+9)
9816エアスピネル牡957.0Mデムーロ1:35.0134.9490(+4)
10612ミューチャリー牡657.0御神本1:35.11/235.0464(-2)
1123インティ牡857.0武豊1:35.21/235.1518(+2)
1259サンライズホープ牡557.0大野1:35.33/435.8544(-8)
13510スワーヴアラミス牡757.0松田1:35.51.1/435.6490(-2)
1411テオレーマ牝655.0ルメール1:35.6クビ35.3476(+4)
1512ダイワキャグニーセ857.0三浦1:35.71/236.0504(+4)
16714ケイティブレイブ牡957.0菅原明1:36.12.1/236.3528(-9)

「ソダシ」3位。

もうすぐ引退なのかなぁ、なんて思っていましたが、まだまだやれそうな感じで、少し安心しました。

次の「ソダシ」はきっと勝つ!

タイトルとURLをコピーしました